Apple Watchで誘拐を防ぐ方法

先日小学2年生の女の子が誘拐され殺害、その後線路に放置して電車に轢かれてしまう悍ましい事件が起きました。

犯人は昨日捕まりましたが正直捕まってホッとするのは周りだけで娘さんは二度と帰ってこないと言うことは変わりません。

自分も幼稚園児の娘がいるので気持ちはわかります。

考えれば考えるほど「もっと早く助ける事は出来なかったのか?」と思います。

これ以外にもそうです。

基本的に動くのは事件が起きたあとなんです。

たぶん心理的には「うちの子に限って」ってところが何処かにあるんだと思います。

だって日本って平和ですもん。

普段はどこにいっても何てないんですよ。

これだけ安全な国はやっぱり日本だなと思います。

けど安全だから危険なところがわからないんですよ。

だから変な事件が意外な所で起こる。

アメリカとかの場合だとダメな人とかはダメな地域に集まるんですよ。

っていうか集められるんです。

そういう人たちはそういう地域にしか住めないようにされるんです。

どうやってするかって?

金です。

金を持っている人たちは金を持っている人たちで集まるんですよ。

日本みたいに皆中流なんて優しくはありません。

それが最大の防御ですから。

アメリカはそれでも誘拐などが絶えません。

僕がアメリカにいる時も時々アラームがけたゝましくなっていました。

そうアンバーアラートです。

アンバーアラート とは、児童誘拐事件及び行方不明事件が発生した際、テレビやラジオなどの公衆メディアを通じて発令される緊急事態宣言の一種である。また、その発生そのものを地域住民に速やかに知らせる事で、迅速な事件の解決を目指そうとするシステムそのものを指す場合もある。

地域住民にピンポイントでアラートが鳴らせるんです!

それって画期的だなーって思ったんです。

メールで送られても見ないし。。。

アラートで時間や地域、犯人の特徴など送られてきたら地域住民みんなが監視役になれるんですもんね。

日本もそろそろ早急にこういったアプリを開発するべきだと思う。

早く出来て欲しいがまだまだかかりそうなので今回は僕が思う被害にあった時にすぐに発見する方法を紹介したいと思います。

子供が学校に行く時や遊びに行く時に引っ張るとけたたましい音でなるアラームなどを持っている事ってありますよね。

けどこれって引っ張るとなるけどなったらそれで終わりなんですよね。

周りに誰もいなかったり引っ張れない状況だと効果なし。

次にキッズケータイ。

こちらは詳しくしりませんが機能が制限されていて数人しかかける事が出来なかったりします。たぶんGPSなどもついていると思いますが携帯を捨てられたりしたら終わりですよね。

子供もどこかで遊んでて忘れてくることもありそう。

そこで僕が思ったのがApple Watchです。

しかも第3世代のセルラー版。

これだと時計なので肌身離さず基本的には身につけているのでなくす事は基本的にない。

電話機能やメールなどももちろんできて音声認識などもちゃんとしています。

そして防水。遊んでて濡らすぐらいなら大丈夫。

そして一番いいのが「Apple Watchを探す」機能が使える事です。

誘拐されたりしても電話を逆探知する必要もないんですよ。

遊びに行って帰ってこない場合でもどこにいるか一目瞭然。笑

それが月の利用料500円持てるんですから安いもんだと思います。

ネックなのは毎日充電しなければいけない所ですが帰ってきたら充電する癖をつければ大丈夫。

学校が携帯の持ち込み禁止を謳っていてもさすがに腕時計は禁止にはできないと思います。

そしてApple Watchなんで変に使い過ぎる、ゲームばっかりって事もありません。

どうでしょうか?僕は子供にApple Watch持たそうと思います。

僕は今最良の策かなと思うのですがもし他をご存知の方いらっしゃりましたら情報交換してほしいです。

やっぱり自分の身は自分で守るべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です