みずほ銀行デビットカードがApple Payに対応したっていうから使ってみたら最悪だった件

よければクリックお願いします!

みなさんこんにちは!

今日は先日発表されましたみずほ銀行のデビットカードがApple Payに対応したと言う事で早速登録してみましたのでレビューしていきたいと思います!

結果から先に言うと僕には不要でしたが…

1.みずほ銀行のデビットカードがApple Payに日本初対応

みずほ銀行は2019年8月29日、iOS向けアプリ「みずほ Wallet」にて、バーチャルデビット「Smart Debit」の提供を開始と発表。

Smart Debitは、みずほ Walletから発行でき、みずほ銀行の口座から即時に引き落としできる決済サービス。JCBのタッチ決済サービス「QUICPay+」とJCB加盟舗で利用可能という。対象は、みずほ銀行の普通預金口座を持っており、日本に居住している15歳以上(中学生を除く)のユーザーとなる。

今回のSmart Debit対応により、みずほJCBデビットもApple Payに対応。店舗だけでなく、ネットショッピングの支払いにも利用できるらしいです。

ご利用いただける方

日本国内在住で満15歳以上(中学生を除く)、みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの個人のお客さま

以前はデビットカード自体が登録できませんでしたのでこれは画期的ですね!

僕はApple Payでガソリンを入れています(Suica)なのでいちいちSuicaにチャージする手間がなくなればラッキーと思ったのです。

 

2.登録方法

それでは早速登録していきたいと思います。

まずみずほ銀行の口座を持っている事が前提です。笑

なければ作りましょう!

初回登録方法

Smart Debitの発行は約5分で完了します。お手元にキャッシュカードをご準備ください。

みずほダイレクトをご利用の方は、みずほダイレクトご利用カードをご準備ください。

ステップ1:カードの選択画面で「Smart Debit」を選択

ステップ2:口座情報を登録

ステップ3:Apple Payへカードを追加

準備完了!

 

ステップ1・2 | 口座情報を登録

「タップしてカードの選択画面へ」をタップ。

「Smart Debitを発行する」をタップ。

お手元に「キャッシュカード」を準備し、「OK」ボタンをタップ。

Smart Debitの引き落とし口座を入力。* 支店名は検索できます。

本人確認のため、口座名義人のお名前を「漢字・カナ」で入力。

性別、生年月日を入力。

携帯電話番号、郵便番号を入力。

画面に沿って引き落とし口座を設定。

メールアドレスを入力して「次へ」をタップ。
Apple Payが起動します。

 

ステップ 3 | Apple Payへカードを追加

 

パスコードを設定。

Apple Payが起動したら、Smart Debitを追加したいデバイスを「iPhone・Apple Watch」から選択。

選択したデバイスへSmart Debitの追加が完了したら、右上の「次へ」をタップ。

利用規約を確認し、右下の「同意する」をタップ。

Smart Debitの追加を完了。

右上の「完了」をタップ。

すべての設定が完了し、ご利用スタート。

とまぁ手順に従ってすれば簡単に進めます。

3.僕の使用用途、ガソリンスタンドで使ってみた!

それでは早速Apple Payでいつものようにガソリンを入れていこうと思いましたが動画を見てもらったらわかるのですが「使えません」

何故かというと「後払い式電子マネー」のためです。

本来デビットカードはガソリンスタンドで使用不可だったのですがそれがそのままApple Payになっただけで結局は使えないです。

 

ちなみに以下が使用可能店舗です。

4.結果

はい。結果として使えなかったので全然ダメですね。そしてコンビニATMでも手数料かかるいいいところが僕には見当たりません。

なのでいいかなと思ったのですが僕は使う事がなさそうです。

 

About 管理人 115 Articles
管理人 日本生まれ 2010年から地元でビジネスを始める。 2017年、兼ねてから目標としていたアメリカ移住を実現するために行動する。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*